プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
影を写す
建具に影を写す

日光写真の方法で、好きな物の形や陰を布地に写し取ることができます。
以前ご紹介したことがありますが、さいたまトリェンナーレのワークショップでは
公園の落ち葉や木の実を拾ってきて布地の上に並べ、形を移して遊びました。
       IMG_1090旗d
     
 
 M寺の庭M寺
世田谷区にあるM寺は鬱蒼とした林の中にあり、その林は世田谷区の保護林に指定されています。
M寺の別院を江東区に新築することになり、
その林にたくさんある松の木を写そうということになりました。

  玄関扉玄関外
玄関建具の一枚ですが、外側から見ると普通の格子ドアです。

  玄関扉玄関内
内側から見ると外の光を通して松葉の陰が浮かびあがります。

 本堂外陣外陣a
       外陣b

ごく普通の引き違いのアルミサッシの内側に、布を張った建具を一枚入れました。
やはり外の光によって陰が綺麗に浮かび上がります。松葉の形がわかるでしょうか。

外部の光がさすところは時間によって見え方が変わります。
夜、部屋の照明が点くと模様の色は薄くなり、普通の建具のようです。

可働間仕切り間仕切り

本堂の内陣と外陣を分ける可動間仕切りです。
この場合は部屋の中なので光は透過しません。
そのため少し濃く陰が写っている作品を選びました。

それなりに綺麗ですが、光を通す窓とは別物のように見えます。

世田谷区から江東区へ、庭にそびえる松の大木が影となって移っていきました。

公園で子供達が遊べるような小さい物から、建築に使えるような大きい物まで、
可能性はどこまでも広がっていくものだなと感心しました。

以前、住宅の建具に古い着物地を貼ったものを紹介しましたが、
建具はちょっとした工夫で色々楽しめる素材です。
住宅の新築、あるいはリフォームでもあまり費用をかけずに楽しむことができます。
例えば玄関ドアやリビングの入り口など、自分のアイデアで一品生産してみませんか?(kei)



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する