プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
住宅相談会
    
木々の緑がさわやかで気持ちの良い季節になりました。
中国四川省の大地震は被害が広範囲に及び、被害者の人数も信じられないほど大勢です。日本も地震大国。能登や中越地震の記憶もまだ新しいですね。
日本の建築基準法では昭和56年6月に構造の新基準ができました(新耐震といわれています)。各自治体では耐震診断や耐震補強に補助金を出しています。耐震診断や耐震補強はどのようにやるものなのか、費用はどのくらいかかるのか、そんなお話をしてみたいと思います。
どうぞお気軽にお立ち寄りください。

      第5回住宅相談室(無料)      

      日時:H20年6月12日(木)
          10:00 〜 12:30
      場所:くらぶルーム暖 1階和室



最近の街並みを見ているといわゆる‘和風’といわれる建物が少なくなったなとつくづく思います。新築の木造住宅の窓は縦長が主流になり壁が多くなりました。それらも構造の新耐震基準で、壁量が昔よりグッと増えたからです。開口部の面積が同じなら横に長いよりも縦に長いほうが体力壁が多く取れます。
法律に合わせて縦長や正方形などいろんな形のサッシが開発され、目新しさも加わって使われる機会が増えたのだろうと考えています。
昔のように開口部の多い建物を建てようとすると、複雑な構造計算をしなければならず、設計が難しくなりました。引き違いの大きな窓が横に並んでいるようなものは古い建物ばかりです。そんなお話もできたらいいなと思います。



                      
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する