FC2ブログ
プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
物忘れと簡易認知症検査
以前お話した、忙しいとちょっといつもと違う同居のおばあちゃん。

本人も忘れっぽくなったと言っていることもあり

認知症の簡易検査を受けてもらいました。

おばあちゃん、診察室からがっかりした表情で出てきました。

いくつかの物を覚えて、少し違う話をしてから

先に覚えた物を思い出す...、とか

100から7づつ引き算をしていくとか、..。

いろいろなテストがあったようですが。

「100から7は引けたけれどそれから先ができなかった..」とのこと。

本人はその事がとてもショックだったようです。

検査結果としてもとても低い点数が出てしまいました。

先生のお勧めもあり、紹介していただいた認知症の専門の科がある病院で

詳しい検査を受けることになりました。

もし認知症なら早く対策を講じた方が良いと言う話を聞いていたこともあり

本人も納得のうえです。

2日間かけて血液検査や、CT検査やMRI検査など受けました。

結果は.?、認知症と断定できる症状は見つかりませんでした。

今後は半年に1度くらい検査を受けながら、経過観察していくということになりました。

本人も家族もホッとしました。

しかしおばあちゃん、足が痛いとか何とか言って外出は極端に減り、

テレビの前でのんびりしている事が多くなりました。

このままでは体も動かなくなってしまうのではないかと心配です。

もう少し対策を講じた方が良いと考え介護認定の申請をすることにしました。

認定がおりて、デイサ-ビスに行くことができれば、多くの人と交流したり、体を動かしたりすることで

良い方向に向かうのではないかと思うのです。(ナ)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する