プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
敷地境界のブロック塀
困った古いブロック塀

家を新築するときなど、今の建築基準法やその他の関連する法律にあっているか

確認申請を行政に提出しOKであれば工事に取りかかることができます。


最近、お隣との境界にあるブロック塀が原因で確認がOKとならない事が多々あるようです。

家を新築するとき、ブロック塀は別物の様に思いますが、そうではないのですね。

敷地内に法律に合致していない物がある場合は、いくら新築の家が法律に合うように

プランされていても確認申請はOKが出ないとのこと。


ブロック塀の基準には基礎の深さであるとか、鉄筋の入れ方であるとか、

高さによってブロックの厚みであるとかいろんな事が決められています。

問題になることが多いのは1.2m以上のブロック塀には3.4m以下の間隔で

控え壁という壁を付ける必要があるという部分です。

皆さんの家とお隣との境界の塀はいかがでしょうか。

塀と直角にちゃんと控え壁が3.4m以下の間隔で入っているでしょうか。

以前はあまりその部分は指摘されなかった様に思うのですが

地震が多いせいでしょうか、ブロック塀の取り扱いが厳しくなってきているようです。

ブロック塀がお隣の物でしたら全く問題とはならないのですが、

共有の持ち物でブロックの中心がお隣との境界であり、

高さが1.2m以上あるけれど控え壁が付いていない場合がなどが問題です。

控え壁が付いていても、鉄筋が入っておらず、

壊れそうなものはもちろんダメのようです。

確認申請の時には図面ですから、行政も気づかず確認がおりたのに

工事の完了検査に来たとき気づき、対策を指示され、完成ずるまで、

完了検査のOKが出ない場合もあるようです。


自分の敷地内に建っている塀でしたら

控え壁を新たに取り付けるか、塀の高さを1.2m以下にするか、

基準に合わせて作り直すかそれとも塀を撤去してしまうなど

こちらの判断で進める事ができますが

共有の場合はこちらの都合だけで進める訳にもいきません。

どんな方法にしても費用がかかるわけですし、

隣家との話し合いが、すぐにうまくいくかが悩ましいですね。

これから土地を購入して新築をと計画をしている方、

中古の家を買っていずれ建て替えをと考えている方も

隣家との境界にある塀にも目を向けてください。

高い塀があって安心と思う前に、塀は誰の物か、

高さはどうか、将来の建て替えに

問題なさそうか、しっかり確認してください。

専門家も、見逃しやすい問題です。

工事会社などとの打ち合わせの時も、塀の事も確認してください。

気になったら、行政に相談に行くこともお勧めします。(ナ)


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する