FC2ブログ
プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
建具
すてきな建具

最近、明治元年に建てられた店蔵のある民家を見せて頂く機会がありました。
店も、奥の住まいも立派なのはもちろんですが、
今回は住まいに使われている建具が素晴らしかったので、
それをご紹介したいと思います。

     障子1
     一見普通の建具ですが反対側がすごいのです。

     障子2
     障子3
     こんなに凝った桟が割り付けられています。こちら側が主座敷になるのですね。
     真ん中が外れるようになっていて、夏には風通しのため格子が入るそうです。

     廊下
     こんなに長い廊下。この廊下の真ん中あたりが主座敷です。
     奥に内蔵(建物と蔵が廊下でつながっている)があります。

      ランマ2
     内蔵の前の廊下に面した座敷の障子です。

     神棚
     神棚の全面に障子が入っています。
     1階の店に立派な神棚があるのですが,これは2階にある神棚です。
     お正月や、行事の時以外は障子を閉めているのだそうです。

  潜り戸潜り戸
     最近は見かけなくなりましたが、時代劇を見ていると時々出てきますね。
     長い廊下や広縁に雨戸を何枚も建ててあるとき、一枚の雨戸にこんな工夫
     をしてそこから出入りできるようになっています。
 下がり壁下がり壁
       もみじ
       建具ではないのですが、下がり壁に粋なことをしてあります。
       墨漆喰に紅葉の模様を型押しして色を付けてあります。
       紅葉の葉の形がみんな違うのです。きっと楽しみながら色づけしたんでしょうね。

昔は凝った桟の障子がたくさんありました。障子紙の貼り替えが大変だったでしょうね。
障子紙の幅に合わせて桟の割り付けをしていたのですが、
だんだん近代化が進んでくると桟の割り付けも大きくなり、
さらに大判の一枚の紙ができるようになってからはデザインも自由になりました。
桟割が大きいほど掃除もラクだし張り替えるのもラクですね。(kei)

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する