FC2ブログ
プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家のメンテナンス
「屋根材は瓦、コロニアル、ガルバリウム鋼板の中で何が一番長持ちしますか?」
と最近、聞かれました。

瓦は利点がいろいろあって、長持ちもしてとても良いのですが.
.重いということから、地震対策のために、最近はあまり選ばれなくなって
きてしまいました。

最近はコロニアルやガルバリウム鋼板が主流になっているように思います。
各メ-カ-のカタログでは長期間メンテナンス不要とあったりしますが
家の建っている場所や状況によって傷み方も違いますので

何年、もつか一言で答えるのはむずかしいものです。

長持ちには、やはりメンテナンスが重要です。

外壁の継ぎ目が、がさがさになってきたとか、屋根の色が変わり(特に北側)
こけが生えてきたように見えるとか木の部分のペンキがはげてきたとか
気になることが出てきたら、塗装などメンテナンスをしましょう。

金属製の屋根の塗装は不要と思っていたり、費用節約のために、まだ見た目が
大丈夫そうなので外壁だけを塗装し、屋根はその次の外壁塗装の時に..という方もいます。
時が経つにつれて急に傷みが進み始めると言うこともあります。
できれば全体を一緒にメンテナンスする事をお勧めします。
これから冬に向かいます。雪止めなどの対策も一緒にすることもお勧めします。
家のメンテナンスをしっかりして長持ちさせましょう(ナ)

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。