プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
御影石
いつからか分からないほど昔から庭にあった敷石の御影石。
家の改装や増築のたびに脇に動かしたり、あるいは庭の隅に積み上げられていました。
それが今回の増築で日の目を見ることができました。

‘花崗岩(かこうがん、granite)とは、火成岩の一種。流紋岩に対応する成分の深成岩である。
石材としては御影石(みかげいし)とも呼ばれる’とウキペデイアにはあります。

御影石は、日本では古くから石材としていろんな所に用いられた来ました。
緻密で加工性もよいことから、建築では床材、壁材、その他、神社の鳥居、城の石垣、石橋
などに使われています。
墓石を思い出していただければ、真っ黒で鏡面のような美しい黒御影、薄いピンクや白地に
斑点のあるいなだと呼ばれるものまで、色々思い出すことができると思います。

最高裁判所の外壁はすべて国産の御影石でできています。
最高裁判所が出来た頃は、デザイン的には評判がよかったのですが国産の御影石がなく
なってしまったという批判もありました。

そんな御影石の敷石が10枚ほどあったのをどこに使おうかと考えた末、写真のようになりました。
ドアを開けるとそこにも1枚敷いてあります。

御影石040

御影石1

割れていた石もこんな風に、何の違和感もなく使えました。

工事をしてくださった職人さんも、「うん、うまくいった!」とご満悦でした。
使われず、いつの間にか忘れられてしまったものが、何かの拍子に上手な使い道が見つかると
嬉しいものです。家具や道具類でも、洋服でも・・・(kei)

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する