FC2ブログ
プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
装飾
装飾

東京都港区に「チューダー様式」といわれる縦を強調したデザインの木造洋館があります。
  外観 A P1030973外観a
      B P1030967外観a

「チューダー様式」とは、イギリスの中世に生まれた建物や装飾の様式名で、
ゴシック様式を簡略化したものです。

岐阜の実業家渡辺甚吉氏は大学卒業後、友人の建築家、遠藤健三氏と共に
1年間欧州を遊学し,イギリス縦断をしたときに触れたチューダー様式の建築に魅せられました。
帰国後すぐに結婚する予定だった甚吉氏は、
新婚生活と当時学生だった3人の兄弟が住むための住居の設計を始めました。

昭和9年に建てられ、戦争が激しくなるまでの10年程しか住んでいません。
敗戦後は米軍に接収、その後大使館などに使われ、
結婚式場になったりドラマの撮影にも使われたのですが、
いよいよ解体されることになりました。

   玄関 C P1030983玄関a

玄関はこじんまりとしています。
中に入ると天井や壁、梁などの装飾に驚かされます。
玄関吹き抜けD P1030906玄関吹き抜けa
         E P1030892玄関吹き抜けa

応接室の暖炉です。結婚式場になっていた時はチャペルとして使われていたそうです。
天井や梁の装飾は見事なものです。
   応接室 F P1030894応接室a
        G P1030901応接天井a

食堂の天井には圧倒されます。しっくいで造られています。
       H P1030909食堂天井a
       H”P1030956食堂a

館内はセントラルヒーティングで、吹き出し口は手の込んだグリルが設けられています。
   グリルM P1030960ラジエーターグリルa

浴室はタイル張りで、ここにも吹き出し口があり立派なグリルがはめ込まれていました。
       K P1030947浴室a
       L P1030948浴室ラジエーターa

これらのラジエーターグリルをはじめ、ドアノブ、コンセントプレート、照明器具など
すべてチューダーでデザインしてあります。

階段手すりの彫刻
       O P1030941階段手すりa
       P P1030944階段手すりa
       N P1030920階段手すりa

ステンドグラス
       R P1030917廊下ステンドグラスa
       Q P1030913食堂窓a
       S P1030924吹き抜けステンドグラスa

チューダー様式は昭和の初期に一番好まれた洋館のスタイルですが、
この寝室はロココ様式です。
    寝室 J P1030934寝室a
 寝室天井 I P1030929寝室天井a

女性が主に使用する寝室や化粧室は穏やかなロココ様式でした。
荒々しいチューダー様式では強すぎるのでしょうね。

この建物は現在解体中です。
なんとか保存したいという声が大きく移築保存が検討されていましたが、
費用の調達が難しくて、未だ移転先が決まっていません。
ある建設会社が解体費用を負担して、一時保管することまで決まっています。
早く移転先が決まって
もう一度使われるようになることを切に願っています。(kei)


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する