FC2ブログ
プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
直島・豊島 
直島・豊島パートⅡ

初日の出ではありませんが直島の日の出です。
こんなテントのホテルに泊まりました。
  日の出P1040921日の出1a
  ホテルP1040922日の出2a
いつもは普通のホテルに泊まるのですが、ちょっと面白そうだったので泊まってみました。
膜の部分は5センチ厚の断熱材が入っていましたが、透明の窓部分はカーテンだけです。
冬はちょっと寒いですね。

街中を歩いていると、こんな可愛い作品が愛嬌を振りまいています。
  かえるかえる1 
      かえる4
  
   
      かえる2 
      かえる3

漁の時に使う浮玉を加工したものです。
漁に出た人が無事に帰ってきますようにと作られ、
「うきたまかえる」と呼ばれ、それが店先も飾るようになりました。

スラグブッダスラグブッダ

直島の歴史に残る88体の仏像をモチーフに、
豊島に不法投棄された産業廃棄物を焼却処理した後に生じる
スラグを素材として制作された作品です。
前回もちょっとお話ししましたが、
かつては産業廃棄物の不法投棄はかなり深刻な状況でした。

豊島は直島の東、小豆島の手前に浮かぶ島です。
石材業が盛んだった土地で、豊島石と呼ばれる石は柔らかくて加工がしやすく、
火にも強いことから灯籠の材料になりました。
60年代頃からの高齢化と人口減少で稲作が衰退し、
美しい棚田も耕す人が減って荒れていきました。
そして70年代の民間業者による産業廃棄物の不法投棄。
それは全国に知られる社会問題になり、
島民による大規模な反対運動が巻き起こりました。
この運動が、後の「エコアイランドなおしまプラン」の始まりです。
   棚田棚田2   
      棚田

美しい豊島の姿を維持することに尽力した島の人たちの大変な労力のおかげで
棚田は徐々に復活し、豊島美術館の建設によって
今は本当に美しい景色が広がっています。

  美術館豊島美術館2
  美術館美術館3

棚田の一角に作られた美術館は水滴のような形をしたコンクリート製のシェル構造で、天井に設けられた開口部はあえてガラスなどでふさがず、周囲の自然環境を直接取り込むよう図られている(北川フラム著「直島の呼吸」から)
その内部はアーティスト内藤礼の作品「母型」。内部全てが作品です。2,3ミリの小さな穴からじんわりと水が湧き出し、1日を通して「泉」が誕生します。
とても表現できません。こんな美術館は初めてです。
      立地1

名残惜しい豊島でした。(kei)

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する