プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
住まいの講座「巨大地震に備える」
住まいの講座「巨大地震に備える」

埼玉県県民活動総合センタ-で10月5・12・19の日曜日の3日間
「巨大地震に備える」という題の講座が行われます。
第1回目は東洋大学の渡辺先生による「地震被害と活断層-埼玉の活断層」
というテ-マで地震に関する専門的な内容です。
そして2回目・3回目は「安心・安全な家(すまい)づくり」という
テ-マで住環境相談室Weのメンバ-が担当します。

チラシ巨大地震

最近毎日のように地震が起こっていますね。
また大地震があった防災の日も近づいています。
家の耐震診断や耐震補強、防災グッズの備え、避難場所の確認など
いろんな防災に関する事を耳にします。
地震対策は必要と思いながらも気づくと何もしていないと言う人も
多いのではなでしょうか。
必要な対策は人それぞれ異なります。
また、大きな対策は無理だとあきらめていたり、何から始めたら良いか
考えつつも何もせずにいるという場合もあるのではないでしょうか。

ちょっとした心構えがあっただけでもあわてずに行動することができた、
身の回りの小さな対策でも役に立った、という話も聞きます。
また地震の時の事にばかり目がいきますが、以前と同じ暮らしに戻る
には違った問題も発生してくるようです。
ボランティア活動などで被災地の復興に関わることでも
受け身の情報だけでは得られない多くのことを得たり、
共有できたり、大きな力になっていきます。

いつ起こるかわからない地震に備えてどんな対策を行ったらよいか、
日ごろどんなことを考えて行動すれば良いか考えていきます。
皆さん是非参加下さい。
申し込みなどは公共施設または公民館などにおいてある黄色のチラシをご覧下さい。(ナ)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する