プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
車いすでの再出発(車いす対応住宅)
 事故で車いす生活となり病院でリハビリ中のM青年の自宅は
いわゆる和風づくりの大家族住宅です。
玄関や和室には大きな段差があり、
また廊下も車いすで移動するには無理があります。
家族と一緒に以前と同じように暮らすためには
車いすで生活するスペ-スや専用の水回りを確保しなくてはなりません。

母屋の台所の勝手口の前に建っていた物置を壊し、
M青年専用の車いす対応の部屋と水回りを増築し、渡り廊下で勝手口とつなぎ
家族と一緒に食事を取れるようにする事になりました。

I邸スロ-プ

部屋への出入りは昇降機という案もありましたがご本人の希望もあり
スロ-プが設置されました。
スロ-プは駐車場から新しい部屋の前を通り
母屋と部屋の間を登り渡り廊下へとつながります。
渡り廊下にはM青年の部屋の出入り口と母屋の勝手口があります。
家族も勝手口からの出入りに途中までスロ-プを使います。

I邸洋間

部屋はM青年の希望で多くの友人が集まれるように
寝室の周囲は使い勝手を考慮した低い収納で囲われていますが、
全体としてはワンル-ムなっています。
そして部屋にはご本人にあわせ高さを決めたワ-クカウンタ-が作られています。
天井は一部吹き抜け状に高くなっていて広々した雰囲気となっています。
そのほかに車いす対応のトイレ、移乗台付脱衣室
そして家族も使える移乗台付浴室、洗面所があります。

待望のベットが設置されいつでも帰宅できる状態になりました。
リハビリも順調とのこと。
いよいよ自宅で以前と同じ家族との暮らしが再スタ-トします。(ナ)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する