プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
住まいの講座「イギリスの住まいと日本の住まい」
「イギリスの住まいと日本の住まい」(生活クラブ大宮生活館)

生活くらぶの’大宮生活館’をお借りしての活動がスタ-トしました。
台風が近づいており心配しましたが終了時間までほとんど雨も降らず無事開催できました。

大宮生活館

今回は「イギリスの住まいと日本の住まい」と言うテ-マでイギリスに20年近く暮らし、
今は日本で英語講師をされている佐久間美希先生をお迎えしお話しをしていただきながら
私達の住まいについて考えました。

イギリスでは古い家が大切にされ使われ続けています。
建て方も配慮され家の裏側に大きな庭があるとのこと。
気候風土の事もありますが日本のように南側からの日差しを重視し家の向きを決める
ということはないようです。
新築することはほとんどなく、買うのはもちろん古い家、買うときもまずは街並みを重視し、
暮らしの変化に合わせ次の古い家へと買い替えていくようです。
古い家具や食器まで付いている場合が多くそのまま使い続け、
新しい物に買い替えると言うことはないようです。

一般的な家の大きさは日本とあまり変わらないようですが、2階建の場合1階には
台所、居間、トイレそして2階はプライベ-トスペ-スとして寝室とシャワ-ル-ムがあり
1階と2階の使い方がはっきり分かれているようです。
その暮らし方は日本で言うマンションの場合も同じで1住戸が2層ずつになっており、
エレベ-タ-の停止階も1、3,5..階と奇数階だけと言うのもおもしろいお話しでした。

そのほかイギリスの暮らしや考え方なども日本と比較しながらお聞きすることができました。
イギリスで20年近く暮らした佐久間先生の実体験や感想、知っておきたい住まいの英語など
もあり、とても興味深い講座となりました。

11月6日(木).7日(金).8日(土)に生活クラブ大宮生活館で行われる
「生活館まつり~手しごとサロン~」に「住まいの何でも相談室」を出店する予定です。
生活クラブ大宮生活館をお借りしての活動も続けていきたいと思っていますので
皆さん応援してください。(ナ)




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する