プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
車椅子対応住宅 2
車椅子で自立した生活をしたいというMさんのために建てられた‘離れ’の話。
続きをご紹介します。
大宮から10分も電車に乗るともう田園風景が広がります。
M青年の家はそんな田んぼに囲まれた中にあります。

建築基準法では、‘離れ’というのは母屋と離れていなければなりません。壁や柱がつながっていてはいけません。それで、母屋の勝手口と離れの玄関を向き合わせ、床の高さをそろえて渡り廊下で行き来できるようにしました。
渡り廊下も完全につながっていてはいけないので、車椅子に支障のない程度に隙間をあけてあります。
それでも母屋の軒と離れの軒とが重なっているので、よほどの大雨でなければ雨に濡れることもありません。
庭から床の高さまで60cmあまりあり、スロープは10m近い長さになりました。

通路ブログ用

スロープを登って左側は母屋の勝手口でダイニングキッチンに続き、右側は離れの玄関です。
正面は裏庭へ通じています。

玄関ぶろぐ用

車椅子は外用と室内用と2台あり、玄関で乗り換え(移乗と言います)ます。
車椅子から車椅子に直接移ることはできないので、一度移乗台に移り、それから他の車椅子に乗り換えるので、玄関は車椅子が2台置くことができて、移乗台もある広いスペースが必要です。
移乗台の高さは車椅子の座面(約45cm)と同じ高さです。

設計当初、車椅子生活となって日の浅いMさんは、自宅で自立した生活をするということの実感がわかず、どんな家がよいのかということもよく分からなかったようです。
私たちにとっても想像の世界でしかありません。

そしてまだ仕事が決まっていませんでした。
趣味は音楽で、バンドを作っていてボーカル担当です。バンドの仲間と練習するには、以前のようにスタジオを借りるよりも自宅で練習することが増えるだろうと予想されました。また、リハビリ中に仕事につながるようにとパソコンの勉強も始めていました。

カウンターぶろぐ用

室内用の車椅子に乗り換えてリビングに入ると、そこには広い作業用カウンターがあります。
ここでは仕事もできるしギターの手入れもできます。家にいることが多くなるだろうと予想されるので、正面の壁には大型の壁付けテレビを設置する予定です。

次回は浴室やトイレなど、水周りをご紹介します。(kei)


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する