プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
耐震
また大きな地震が来てしまいました。被害もかなり大きいようです。
「古い木造に被害が集中」という新聞の見出しが目に飛び込んできて、なんとも言えぬ悲しみと悔しさが込み上げてきます。

昔の日本建築は「夏を旨とし・・」開放的で風通し良くつくられています。壁が少なく、障子を開け放つと庭と一体になり、気持ちの良い空間が広がり、屋根には重い瓦が乗って断熱材となります。それが命取りになってしまうのですね。本当に残念です。

それを防ぐために耐震診断があり、耐震補強があります。昭和55年以前の建物は、現在の基準より構造基準が低く、さらに老朽化しています。
木造の簡易診断というのは筋かいの位置がわかるような図面があればできます(無料)。危険度の目安になります。
その他に一般診断と精密診断があります。一般診断は実際に建物を見て、構造壁や老朽化の程度を確認して判断します(有料)。
精密診断は壁や天井の一部をはがして柱や梁の状況を見るので有料になります。危険度の判断の精度が高くなります。ただ、部分的に建物を壊す事になるので、耐震補強をすると決めた時や、リフォームする時一緒に診断をして補強もするというのが一般的です。
鉄筋コンクリートの住宅やマンションは、構造の専門家が診断します。

何十年に一度、と思っていた地震がこれだけ続けば、やはり耐震補強をして安全を確保しておく事が必要ではないでしょうか? まず‘自助’です。そして命があってこその‘共助’であり、補助なのです。(Kei)



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://jyuusouwe.blog111.fc2.com/tb.php/5-fb0ba00c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)