プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
今どきのマンション
友人がマンションを購入しました。
それまで古い木造の一戸建に住んでいたのですが「一度は新しい家に住みたいの」と7~8年前から探していました。
一緒にあちこち見て歩いたのですが、今までの古い家と新しいマンションとの落差に結局決めかねて一度はあきらめました。それが、昨年自宅のすぐ近くにマンションができ、南向きで広さも手頃、価格も予算のうち、と即決しました。
家を買うというのは大きな買い物で勇気がいることと思いますが、やはりタイミングというものがあるのでしょう。ちょっと時期が悪いと思いましたが、買いたいものが買える価格で目の前にあるということが、心を弾ませて買う決心をさせたのだと思います。
それにしても今どきのマンションの立派な設備に驚くばかりです。
昔と大きく変わったのはオートロックのエントランスでしょうか。少し前はオートロックと言っても名ばかりで裏に廻ればいくらでも入ることができました。
ところがぐるっと廻ってみても自転車置き場さえカードキーがなければ入れません。
中に入ってエレヴェーターにのり、目的の家に着くとそこには門扉があり、ポーチがあります。
ポーチ

もう一つ、広いバルコニーも昔はなかったものです。
バルコニー
奥行きは1M~1.2Mくらいのバルコニーがほとんどでしたが、最近は1.8m~2mくらいあり、マルチシンクまで付いていて植木の水やりや泥のついた野菜を洗うこともできます。

取扱説明書JPG

何より驚いたのはこの厚いファイル。中は全部‘取り扱い説明書’です。
セキュリティをはじめ床暖房、ディスポーザー、浄水器、ミストバス、浴室乾燥、24時間換気等々…このファイルを見て友人も絶句していました。これ全部読まなきゃいけないの?と。
これらは既に備え付けられているものですが、自分で持ち込む物としてテレビ、パソコン、冷蔵庫、洗濯機…。1人で住むのにこれだけの電気製品があるわけで、いくら省エネを心掛けても、地球の温暖化はどうにも止まらないのではないかと暗澹たる気持ちになります。
南向きで暖かいから床暖房はいらないとか、ミストバスなんてどうでもいいと言ったところでそれらは標準仕様で既に価格に含まれているわけで、そんなものいらないから価格を安くして!と言いたくなります。
そうなのです。通常マンションを買うというのはそこに入っている設備も全部買うわけで、自分で選べないんですね。
嫌いなもの、使わないものがなるべく少ないものを見つけるためにあちこち探し歩いて折り合いをつけたり、このマンションのここが気に入ったの・・というようなこだわりの個所を見つけたり、様々な理由で一大決心をして購入したマンション。

いろいろ立派な設備を備えたマンションですが、私にとって昔と変わらず不満なのは暗くて狭い玄関です。鉄の扉がガシャンと閉まると一瞬暗くて何も見えなくなります。
お天気の良い朝、気持ちよく目覚めても玄関の暗さに気持ちまで暗くなります。

友人にとって初めてのマンション暮らし。
新しい生活に慣れた頃、今度は住み心地について聞いてみようと思います。(kei)

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する