プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
ブラインドの活用
住宅の場合、窓にはカ-テンを付けるというのが最近の決まり事のようになっていますね。
でもカ-テンでもブラインドでも障子でも良いわけです。

家をつくったとき息子が埃のアレルギ-があったこともあり繊維の埃を防ぐために
窓にはカ-テンは使わず全てブラインドにしました。
ブラインド1

小さな子供はカ-テンのかげに隠れたり、絡まって遊ぶのが大好きです。そんな楽しみ方は我が
家ではできませんでした。
また、ブラインドは冬は見た目にも、実際にもカ-テンより冷気が通り抜けやすいかもしれませんが
冬だけカ-テンや障子と併用するなど工夫もできます。

年間を通じてブラインドはとても使い安く有効活用しています。
特に夏..、今の季節は太陽の動きに合わせ羽を調節し日差しが家の中に入るのを防ぐ
ことができ本当に便利です。
ブラインド2

レ-スのカ-テンをしたまま窓を開けて家の中に風を通すとひらひらと..
じゃまに感じることもありますが、ブラインドは羽の向きを調整することであまり揺れずに、
視線を遮りながら風を通すこともできます。

ブラインドの表と裏の色を変えることで外からみた窓の色も変えることができ
いろんな楽しみ方ができます。

ブラインドで最も面倒なのが羽の掃除です。結構汚れます。
一枚一枚拭くのも面倒ですし、軍手をはめて..といった裏技や何枚かの羽を一緒に
挟んで埃を取るといった器具もありますが意外とうまく行きません。

ブラインド3

ブラインド自体が簡単に外せますので浴室などで洗うのが便利です。
洗った後浴槽の蓋の上に置いておき、水が切れたら取り付ける..。
意外と簡単です。引き違いサッシュで横に長い窓は大きくてはずすのが大変なので
真ん中の桟のところで左右2つに分けて、巾を狭くしておくとブラインド自体も半分ずつ
使えますし取り外しもしやすく便利です。

ドアの場合ブラインドを付けると使いにくいので2重になったガラスの中にブラインドが入っている物を使いました。
ブラインド4

前面のガラスが外れ中の羽の掃除ができるのですが全く汚れないので、
ほとんどはずしたことがありません。
風で揺れることもなく..、カ-テンとの併用も簡単で本当に便利なのですが、
風が通り抜けないこと、また値段も高いので使う場所を選ばなくてはなりません。
せっかくブラインドを付けたのにほとんど羽も動かさずそのままという方もいらっしゃると思います。
ブラインドを活用し、日差しや風を上手に利用して暮らしのエコにつなげていきましょう。(ナ)



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する