プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
碌山美術館
碌山美術館

長野県安曇野市穂高…… ‘あずみの’と聞くだけで何だかロマンチックな気分になりませんか?とってもきれいな名前だと思います。穂高とか八方とか、北アルプスの山々が広がる麓にあるこんなすてきな美術館、碌山美術館に行ってきました。
碌山館 RIMG0033碌山館
    RIMG0052側面2

日本のロダンといわれる荻原守衛(碌山)の個人美術館で、昭和33年に30万人の寄付と支援によって建てられました。荻原守衛と、設計者の今井兼次は敬虔なクリスチャンでしたが、そのせいか教会のような美術館です。

守衛は明治12年穂高町に生まれ、20歳の時画家を志して渡米、24歳で渡仏。その時ロダンの‘考える人’に出会って深く感動し彫刻の道へ進むことにしたのが25歳。そして30歳のとき‘女’を製作し、その後まもなく吐血して亡くなります。(心臓を患っていたようです)

その‘女’は第4回文展に出品され文部省に買い上げられます。今は重要文化財となって教科書にも載っていますので、ご存知の方も多いでしょう。
内部には一緒に勉強した高村光太郎の彫刻も展示されています。
入り口 RIMG0035 入り口


同じ敷地内に‘グズベリーハウス’と名付けられたショップがあります。
これは昭和42年、地元の学校の教師や生徒達のボランティア作業で建てられたもので、枕木を使った校倉造です。
グズベリーハウスRIMG0061グズベリーハウス
 
グズベリーとはスグリのことのようですが、この建物を建てていた頃満開だったから名付けられたということでした。手前のベンチは今井兼次のデザインですが、このベンチに座ると体が寝ているような状態になり自然に空を見上げてしまいます。とてもお天気の良い日だったので、青空と、緑と、建物と、全部うっとりと眺めて時間を忘れてしまいました。(kei)


この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/08/22 09:58】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する