プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
母のミシン
子供の頃母と一緒に使ったミシンが実家の物置からでてきました。ベルトが切れてしまい、だんだん物置の奥へ。そして40年近そのままになっていたミシンです。何とかしなくては!

自宅の近所に、今にも倒れそうな古い家、看板にうっすらミシン修理とあり、骨董品のようなおじいさんがミシンの前に座っていたので、思い切って声をかけてみました。直してもらえるとのこと。早速実家から運び預けました。ミシンの重さにはびっくりです。鉄のかたまり?2ヶ月後しっかり現役になって返ってきました。足踏みはいつまでも使えるよとおじさん。長い間眠っていても、修理してくれる人がいれば永遠に(ちょっと大げさですか)使えるのです。また上部はおなかの中に収納でき、作業台が蓋になり、引き出し共々鍵がかかります。小さい子供がいても安心。手元照明もありジグザグミシンと言うことで機能もたくさんありびっくりです。おじさんから糸のかけ方や使い方、こつなど教えてもらいましたが家で自分でやると、糸かけが難しい!でも説明書があったので見ながら何とかできました。説明書をはじめ付属品が全部保存してあったのを見ても母が大切にしていたのがわかります。こんなに古いのに、するすると静かにミシンは動きます。感激です。

ミシンが直り母はとても喜んだと同時にもっと早く直せば良かったと..。また、直ったミシンを見た夫の母は昔、足踏みミシンを捨て電動ミシンに買い換えてしまったことを思い出し、悔やんでいます。ミシンは子供の頃に母と一緒に過ごした時間を思い出させてくれます。母が元気な間に修理ができ本当に良かったと思っています。いずれは私が引き継ぎ使い続けたいと思っています。
ケイコさんのお母様はもっと古いミシンを現役で使い続けているとのこと。なんとすばらしい。直す前に使い続けることが一番の保存ですね。(ナ)

母のミシン(全体)

母のミシン


この記事に対するコメント

私以前ミシン会社で営業をやっていました。
最近のコンピューターミシンは、基盤が行かれてしまうとアウトですが、
古い物であれば結構修理は可能だし、意外と使い勝手はいいですよ。
シンプルが一番です。

修理してくれる良心的ミシン屋さんは、ななかなかいないんですよね。
良いミシン屋さんに当たってよかったですね。
【2007/09/18 16:13】 URL | うさたんこと防災士 #- [ 編集]


うさたん いつもご参加ありがとうございます。
ミシンの事も詳しいのですね。
ミシン屋さんが近所にあって本当に良かったです。でも骨董品のような
おじさんはもう87才とのこと..。いつまでもミシンのように現役で
いていただきたいですね。
10月の住宅相談会においでいただけるとのこと。ミシンのワンポイント
もお聞かせください。
【2007/09/20 09:48】 URL | (ナ) #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://jyuusouwe.blog111.fc2.com/tb.php/9-a601e8f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)