プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
イベント
イベント

「完全復元伊能図全国巡回フロア展inさいたま」がさいたま市の与野体育館でありました。
 伊能忠敬は55歳から足かけ17年かけて日本全国を歩いて測量し、正確で美しい日本地図を完成させました。幕府に提出された伊能図は、明治6年の皇居の火災により焼失して現在見ることはできませんが、この10年の間に伊能大図、中図等の副本や模写図が、日本、フランス、アメリカから次々に発見され、その全貌が明らかになりました。
 今回、各地で発見された伊能図等の中から、現物に近い描画が体育館の床いっぱいに展示されました。200年前の日本はどのような姿で、どのような地名で呼ばれていたのでしょうか…
伊能忠敬展

P1000518a.jpg
展示品の地図の上を歩いていいのです。埼玉に住んでいる人は埼玉周辺の上に立って見られるし、故郷が九州の人は九州の上に立って、北海道が故郷の人は北海道の上に立って、自分の生まれたところはどこか、どんな地名だったか確認していました。
伊豆諸島まで行っているんですよ。八丈島も測量しているというのは驚異!です。江戸時代に測量された日本が今の技術で測量された日本とほとんど違わないのもすばらしいことですし、大きな地図の上を歩いていろいろな場所を確認できるということは、壁に展示されているのとはずいぶん違う雰囲気が味わえるものです。
与野体育館では8日まででした。あまりに短くて残念です。

秋はイベントが多くて、どこへ行ったらよいか迷います。
先週の日曜日は浦和の競馬場で‘ふるさとふれあいフェアー’がありました。
友人が出店していたので行って来ました。
浦和の競馬場は真ん中を道路が横切っていて競馬がない日は普通に使えるということは知っていましたが行ったのは初めてでした。さすがに広いですね。でも砂地なのでちょっとほこりっぽかったことはしかたないでしょうね。
P1000481a.jpg

P1000483a.jpg
友人のテントでは漆の紹介や折り紙建築の実践をやっていました。でも、奥まっていたので表にテーブルを作ろうと、端材を切りそろえようとしていたら子供たちが集まってきました。
のこぎりを持つなんてもちろん初めて。とても満足したようでした。お母さん達の中にも「私ものこぎり使ったことないわ」と言っている人がいましたが、ほんとに最近はそんなチャンスが少なくなりました。

P1000480a.jpg
これは段ボールで作られた迷路です。楽しいでしょうね。私も入りたいくらいでした。この他にもたくさんのことをやっていました。こういうイベントは行くまではちょっと億劫な時もありますが、行ってみると本当に楽しいものです。まだまだ心地よい季節が続きます。あちこちで工夫を凝らしたイベントがたくさん開かれます。皆さんどうぞお出かけになって様々な世界をお楽しみ下さい。(kei)



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する