プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
住環境整備(スペ-ス確保)
住環境整備(スペ-スの確保)

高齢になっても住み慣れた家で家族と一緒に暮らし続けたいものです。

私たちの住まいは水まわりのスペ-スが狭いだけでなく、出入口のドア巾も狭く
介助が必要になっても介助しにくい、受けにくい場合が多く見受けられます。

浴室、洗面脱衣、トイレの壁を一部撤去し、スペ-スを広げたり
ドアの位置を変えてトイレまでの移動距離を短くしたり
することで暮らしやすくなる場合もあります。

おばあちゃんがお薬を飲むようになり、夜のトイレに行く回数が増したので、
もう少しスム-ズにトイレに行けるようしたいというご相談がありました。

寝室の隣に高齢者専用の洗面所とトイレがあるのですが

トイレに行くときは部屋の反対側のドアから出て洗面所を
通ってトイレに行きます。

洗面所も狭く、介助が必要になった場合も介助者が一緒に通るには窮屈です。

そこで洗面所と寝室の間の壁の撤去を検討しました。
その壁にはスジカイがなく撤去しても大丈夫だということがわかりました。

壁を撤去し引き違い戸を付けました。
それにあわせベットの置く位置も変えました。
引き戸を開けるとすぐにトイレのドアです。

間仕切り壁撤去
左側は壁を撤去し、引き違い戸にしました。

遠回りしてトイレ行っていましたが今度はすぐに行くことができるので安心です。
引き戸を閉めるとトイレのドアは見えません。

介助が必要になっても別室の家族にチャイムで知らせるようにしておけば
寝室に入らず洗面所側から声をかけて手助けすることができますので
同じ部屋で寝ているおじいちゃんの睡眠を妨げることもありません。

間仕切り壁を撤去する場合は取り外せる壁かどうか確認する必要があります。
取り外せない壁の場合もありますので注意が必要です。

また、家族と一緒に水まわりを使う場合は引き戸にしたことで音が聞こえやすくなったり
する事もありますので家族との話し合いも大切です。

小さなリフォ-ムや工夫で高齢になってもいつまでも元気で自立した生活が
できるようにまた、介助が必要になっても家族の負担が少なくてすむように
住環境の整備をして行くことをお勧めします。(ナ)

住環境の整備(屋外テスリ)
超高齢社会に突入していると言われている日本。

今後も高齢者は激増すると予測されています。

高齢になっても住み慣れた場所で

いつまでも元気で自立して暮らしていくことが大切です。

そのための住環境の整備が重要視されてきたように思います。

家の中の危険な場所や不便なところを少しづつ改善し安心して

暮らし続けることができるように住環境の整備していくことをおすすめします。

住環境整備の小さなリフォ-ムを少しづつ紹介していきたいと思います。

門から玄関までのテスリを紹介します。

屋外テスリ

アプロ-チの段差はほとんどありませんが植木がたくさんあるので

バランスを崩したときに植木に倒れ込まないようにテスリを付けました。

屋外のテスリは樹脂被覆された物を選びます。

玄関前は遮断機式のテスリを付け、庭に容易に出入りできるように

してあります。

車いす等使用するようになった場合は

コンクリ-トで通路を造るようになると思いますが現時点では

敷石はそのままで雰囲気をなるべく残してあります。

ご本人や家族の気持ちを考慮し対策が先行しすぎない事も大切です。(ナ)





引き戸に取り替え
開き戸を引き戸に替えました。 

 最近は高齢者がいる場合などは扉を引き戸にすることが多くなりました。
開きドアの場合、開閉の時にぶつかったり、レバ-ハンドルに洋服が引っかかったり、
また小さい子供がいる場合なども、ドアや吊り元に身体や指を挟まれたり
する危険があるためです。

H6

小さなお子さんがいるこのお宅。上の子の後を幼い弟がついて歩きます。
ドアを開けたり閉めたり、また、ドアを開けたままにしておく場合に
ドアストッパ-などでしっかり留めておかないと風で勢いよく
閉まってしまったりなど危険があります。
そこでドアを引き戸に替える事にしました。

H3

既存のドアをはずし、壁や枠はほとんど壊さず壁の外側に引き戸を取り付けました。
ドアの右側にあったコンセントと電気のスイッチは左側の壁に移動しました。
引き戸のデザインも同じで雰囲気もそのままです。

もう一つの例。
このお宅は階段を上がった正面にトイレがあり外へ開くドアがついていました。
誰かが階段を上がってきたときにトイレのドアが開いた場合などとても危険です。
これは間取りが悪いのですがトイレの位置を変える事ができないのでドアを引き戸に替えました。 

H4

こちらも壁や枠はそのままで壁の外側に引き戸を取り付けました。
洗面台と壁の間に隙間があったのでそこに引き込むことができました。
替える前は左隣と同じ開き戸でした。
既存と同じデザインのドアがなかったのが残念でしたがすぐに危険解消すると言うことを
優先しました。
小さなリフォ-ムで危険や不便を解消することで住み心地も良くなっていきます。(ナ)
便利なタイルカ-ペット
便利なタイルカ-ペット

年数のたったマンションなどでは下階への音の配慮が欠かせません。
小さな子供がいる場合はもちろんですが子供がいなくても
木の床に物を落とした時など下階に音が伝わっているのではないかと気になったりします。
戸建ての住宅でも2階の子供の勉強部屋のイスを動かす音が
気になることもあります。

最近、ジュ-タンの床をフロ-リングに変えた話は聞きますが、
逆はあまりないようです。

音が気になったり、冬の寒さ対策で薄手のカ-ペットをフロ-リングの上に
敷いている方も多いと思いますが、端がめくれたり、
汚れた場合の洗濯もやりにくく使い勝手が悪いのではないでしょうか。

その点タイルカ-ペットはとても便利です。

タイルカ-ペット1

タイルカ-ペット2

タイルカ-ペット3

家具などがあっても必要な部分だけ敷くことができます。
敷くと言っても置くだけなのでとても簡単です。

裏が滑りにくい加工がしてあるので歩いたとき
タイルカ-ペットが動いたり、端がめくれたりすることが全くありません。

タイルカ-ペット4

部屋全体に敷かなくても机の前に4枚敷くだけでも
イスの動く範囲をカバ-でき、音だけでなく床に傷が付くのも防ぐことができます。

タイルカ-ペット5

汚れやすいところに敷いておけば、汚れた1枚だけ洗濯できるというのも便利です。

タイルカ-ペット6

長く敷いたままにしておいてもはりつくこともなく
剥がれますので元の床に戻すことも簡単です。
冬の間だけ敷いて夏は片付けたり、別の場所への貼り替えも簡単ですので便利に使えます。
ホ-ムセンタ-などで一般的に売られている物は薄い物が多いので
購入するときは少し厚手の物を選ぶことをお勧めします。(ナ)








階段下収納の有効活用
小さなリフォ-ム
-階段下収納の有効活用-

階段下を空けておくのはもったいないと収納になっている家も多いと思います。
写真のように狭い廊下に小さな扉がついていてそこから荷物の出し入れという場合が
多いのではないでしょうか。

階段下収納1

低くなっている奥の方は這って入らなくてはいけないので使いづらく、
また、扉のあたりは高さが2m位あるのですが、扉が小さいので
有効利用できず床に荷物が置いているだけのお宅も見かけました。

Nさんも(写真)収納を奥まで有効利用したいとのご希望でした。
階段下の高さに合わせた巾の小さいキャスタ-付きの収納ボックス
何台かを、順に奥に入れていく事も考えましたがやはり出し入れが不便です。

階段下収納2

そこで直角に曲がった洗面所の入り口側の壁を壊し、写真のように大きな扉をつけました。

階段下収納ドア

上の方は階段が迫ってきていますのでほんの少ししか奥行きがありませんが
洗剤など小さい物の保存に利用できます。空いたスペ-スにあわせ奥行きの違う棚を付けました。
下の方はなにも付けず奥まで続いています。
棚は収納する物によって取り外しもできるようにしてあります。

階段下収納4


キャスタ-付きの台を入れても、手前に引くので使いやすくなります。
そういった物を使わなくても扉が大きくなったので奥まで物を出し入れしやすくなりました。
入れ方の工夫で以前よりたくさんの物を収納できます。

階段下収納5

Nさんの家には2匹のネコがいます。
ネコ用品もストックが必要です。
階段下収納をネコのトイレとネコ用品の収納にも使えるようにしました。
ドアの下の方を45㎝カットしネコが出入りできるようにしました。
収納の中にネコのトイレがあるとにおいがこもりそうですがドアを大きくカットしてあること、
水回りの廊下に面し、においや汚れもすぐに気づきやすい位置にあるので大丈夫です。
トイレ、洗面、浴室が目の前ですのでネコのトイレのお手入れや手洗いにも便利です。
ネコのトイレもしっかり納まりました。

階段下収納6

最初は入ってくれなかったネコも、すぐに慣れカフェカ-テンをくぐりトイレを利用して
くれているようです。
ネコも「人目を避けて安心してトイレに入ることができる!!」と喜んでいる
とネコ好きの私は思っているのですが..。

もう一軒、Aさんの階段下は下の方が段板だけでその下に空間があります。
収納に使いたいが見えてしまうのと埃が入るのを何とかしたいというご希望でした。

階段下収納7

階段の蹴込み部分にアクリル板をつけました。

階段下収納8

階段下収納9

アクリル板なら光が入るので明るく、埃も入りにくくなりました。
横からは見えてしまいますがそれは収納の仕方を工夫して活用したいとのことでした。

ご自宅の階段下収納、有効活用しているかのぞいてみてください。
ちょと工夫して収納力をUPしましょう。
工夫で改善しないときは小さなリフォ-ムをお勧めします。
収納力がアップすると家の中も気持ちもスッキリします。(ナ)